TOP

情報関係受講者の声 一覧

VOICE
取得資格名
Illustrator&Photoshop【短期集中】(アドビ認定アソシエイト認定試験)
九州産業大学造形短期大学部 造形芸術学科 1年
吉村 弘子さん
夏休み期間を利用し、集中して学ぶことが出来ました! 私はマンガを描くことが好きなためグラフィック関係に興味があります。そこで、Illustratorに関するスキルを高めたいと考え、学内講座を受講しました。

この講座のよい点は、分からないことがあれば、講師に気軽に質問が出来ることや、夏休み期間中の短期講座であったため、集中して受講することが出来るという所です。今では、自分のスキルが向上すれば、表現が出来る幅が広がることを実感しています。
VOICE
MOS Excel2019初級(MOS Excel365&2019 一般レベル)
地域共創学部観光学科 ホスピタリティ・マネジメント 3年
竹中 悠華さん
質問しやすい環境で、安心して学べました! 私は、MOSの資格を通じて得ることが出来る知識とチカラは、在学中はもちろん、社会に出てからも役に立つと思い、早期に学ぶため、学内の講座を受講しました。講座では先生から積極的に声掛けいただき、安心して学ぶことができました。
コロナ禍の影響で大学の授業がリモートで行われることもあり、パソコンに触る機会やレポート等の課題が1,2年生の頃よりも増えたと感じます。課題を効率よく、高品質で作成するためにはExcel等のソフトウェアを使いこなすチカラが必要だと実感しました。

次は夏期の資格取得講座で「MOS Word2019初級」に挑戦し、自身のスキルアップに励みたいと思います!
VOICE
取得資格名
MOS Excel2019初級(MOS Excel365&2019 一般レベル)
理工学部情報科学科 情報技術コース 1年
渡邊 和幸さん
高いモチベーションを維持しながら学べ、一発で合格出来ました! 私が今履修している「情報リテラシー入門」、「プログラミング入門」、「ゼミナール」等の授業でExcelを使う機会があり、資格取得講座を通して得られる知識やスキルがすぐに活かせるのではないかと思い、受講をしました。講座では先生が丁寧に教えてくださり、分からないところはすぐに質問することが出来る環境であったため、分からないままの状態で進んでしまうことはありませんでした。また、土日も予習復習を行い、コツコツと勉強をして知識の定着を図りました。講座は5、6限目の時間帯で実施されたので、日中の授業と予定が重複することなく、かつ、使い慣れた大学のパソコン教室で学習するため、授業と資格の学習を無駄のないスケジュールで安心して行えました。受講前は続けられるかどうか少し不安でしたが、回数を重ねるごとに学ぶことが楽しくなり、高いモチベーションを保ったまま最後まで臨むことが出来、試験を一発で合格しました。
在学中はもちろん、社会に出てからもデータ管理や計算等でExcelは頻繁に使われると考えます。今後も色々な資格に挑戦し、スキルアップに励んでいこうと思います。
VOICE
取得資格名
CAD2級(CAD利用技術者試験2級)
生命科学部 生命科学科 生命科学コース 2年
江頭 葵さん
社会で役に立つ資格を早期に取得できました! 私は将来社会に出るうえで、様々な場面でICTが活用されている今日、パソコン関係、情報関係の知識、スキルは必須である思ったため、講座を受講しました。
正直私は独学があまり得意ではありませんでしたが、大学の講座は一緒に学ぶ他の受講生が多くいますし、先生に分からないところを聞くことができる環境が整っていたため、安心して学ぶことができます。将来のことを考えてみると、仕事は自分だけでするのではなく、私以外の多くの方々が携わります。その方々は年齢も職種も多方面にわたると思います。自分の専攻だけでなく専攻外の知識やスキルを持っていることで、多くの方々と円滑にコミュニケーションをとれ、仕事がスムーズに進むのではないかと考えていますので、広い視野を持って物事に取り組めるようになりたいと思っています。
VOICE
取得資格名
CAD2級(CAD利用技術者試験2級)
建築都市工学部 建築学科 2年
淺川 泰誠さん
建築士の夢をかなえる第一歩になりました! 私は、将来に繋がる資格を在学中に確実に取りたいと思い資格取得講座を受講しました。元々私はあまり多くの資格を持っておらず、過去に独学で資格取得に挑戦しましたが、先生からのサポートを受けるチャンス等がなかったため、残念ながら途中で挫折をしてしまいました。しかし、大学の資格取得講座は先生のサポートや質問ができる環境が整っているので挫折することなく最後まで続けることができました。建築事務所はAutoCADを使う人も多く、建築士を目指す私にとってはCADを使いこなすチカラは必須です。取引先とやり取りをする時は製図とプランニングを両方よい品質で届けないといけません。忙しい限られた時間を有効に使い、効率よくかつ成果物を高い品質で作成する時に、身に付けたチカラを発揮できる人物になりたいと思います。